大阪・東京・名古屋のデータ入力、システム開発、運用ならインターフェイス

株式会社インターフェイス

会社情報

一人ひとりが自覚し、調和する集合体、ホロニックカンパニー

ホロニックカンパニー

不確実性の時代を迎えて・・・・・

21世紀の幕開けとともに新しい価値観に基づく企業パラダイムを 創造しなければなりません。

年功序列・終身雇用という生涯を基準とした平等と閉鎖的な雇用形態も、個性的で実力主義的、開放感のある躍動的なメンバーづくりが重要と考えます。

個性的な反面、企業人・ビジネスマンとして守らなければならない モラル・ルール・マナー等は目的意識と連動し、抑止力として育成し、秩序ある企業作りを目指します。

あらゆる活力の根元は若さと情熱をモットーに世代を超えた仲間作りこそが企業の資産であり、高度情報化社会の一員として自覚と他への思いやりの気持ちも醸成すべき企業マインドであります。

すごいけどやさしい社員づくり・・・人間一人では生きていけない。

いろいろな価値観・目的意識のなかで変えなければならないものと変えてはならないものを判断し、大胆にして頑固な企業アイデンティティとして爆発的な成長の核となります。

それこそが弊社が提唱する「ホロニック・カンパニー」なのです。

未来の産業社会に個人の個性を有機的に成長・融和することが企業の使命であり、 理想のコンピュートピア想像につながると確信いたします。


私たちは全員が正社員です

どんな危機管理チェックシステムもそれぞれの人の倫理観に勝るものはありません。弊社は創業以来、正社員に限定することで抑止力と活力に繋げてきました。 雇用の安定感から優れた人材に繋げる弊社の基本理念です。


可変的なボリュウムに対応する現場の標準化と相互協力

どんな業務にもピークとボトムがあります。これに対応すべく弊社は現場の標準化を行い、社員相互の協力体制により「問題解決」を行います。社員それぞれの「信頼関係」が弊社の基盤です。

代表取締役社長

年金制度を代表する、制度疲労を起している現代の日本の国家は、過去の成功体験から脱皮できず、「やめる」という決断ができない硬直したパラサイト国家になってしまいました。長く続いていること。今までは成功してきたやり方。居心地の良い、楽な方法、それらを疑問も持たずに続けるために、更に、問題は先送りとなるわけです。

弊社も創業から30年を向かえるにあたり、古い経営体質から脱皮しなければなりません。世の中も、物質である「アトム」から、情報である「ビット」へのシフトが始まっています。デジタル技術の発展は、物質によって情報を伝達していた市場を破壊すると共に、伝統や文化が破壊する可能性をもあります。しかし、これは過去にもグーテンベルクによる活版印刷の発明がされた時にも、批判されたものでした。このような葛藤は、いつの時代にも起ることで、文化や価値観の崩壊と見ず、変化ととらまえるべきです。しかも、この変化によりデジタル化された情報は光の速度で、しかも安価で瞬時に伝達され、自由にアクセスできるメリットがあります。

「古い船を動かすのは古い水夫ではないだろう」吉田拓郎の古いアルバムのタイトルですが、弊社も30年のIT業界の荒波を航海して、常に革新しなければこれからのビジネスモデルを確立できません。スキームを守るために「変化しない」のは、古い羅針盤を捨てられないだけで「時代に合わせて変化する」勇気を持ちたいと考えます。〔とりあえずからの脱皮〕 さらに、ITエコシステムに繋げ、共存、共生の理念のもと、ガイア理論を意識した経営方針で進化してまいります。そして、コンピュータ技術の発展が、人の豊かさを実現することを目指し、誰もが主役でだれもが端役の「枠を超えた」経営発想とそれぞれが「ゴールを見据えた」行動を目指します。そして、デジタル社会に合った、情報の生成と流通を考えた新しい時代を見据えた戦略的技術方針とスピードを持った営業姿勢をクライアントサービスの柱として展開することにより、時代に即応した「新しいビジネスモデル」に繋げて行きます。

また、重要課題として、「利用者視点」で物事を見ることを営業戦略の柱に据え、顧客メリットを料金とトレードオフの観点から考え、真に顧客視点を最優先に行動してまいります。


株式会社 インターフェイス
代表取締役社長 林  満

社     名 株式会社インターフェイス
設     立 昭和59年3月2日
資  本  金 2,000万円
代表取締役 林 満
外 部 監 査 税務顧問   馬場 信光
顧問弁護士  岩崎 利晴
個人情報監査 薮田 勝
顧問労務士  小野 佳彦
社  員  数 200名(平成27年 3月 現在)
取 引 銀 行 三井住友銀行 難波支店
りそな銀行 上六支店
本     社  
所  在  地 〒543-0002  大阪市天王寺区上汐3-5-11
お問合せ先 TEL:06-6771-2011(代表)
FAX:06-6771-3369
東京オフィス  
所  在  地 〒104-0061  東京都中央区銀座1-19-12  銀座グラスゲート9階 
お問合せ先
TEL:03-6264-4211(代表)
FAX:03-6264-4213
名古屋オフィス  
所  在  地 〒450-0002  愛知県名古屋市中村区名駅4-24-5 第二森ビル 5階 
お問合せ先
TEL:052-583-5051(代表)
FAX:052-414-5661
福利厚生施設  
保 養 所 コートダジュール白浜(旧 白浜アキシオン)
〒649-2211  和歌山県西牟婁郡白浜町瓜切2926番地640
       (伊藤忠白浜緑光台4-8)

1984年  3月 データ入力センターとして大阪市東区高麗橋に資本金200万円で設立
1984年  7月 漢字入力処理を開始
派遣業務を開始
1985年  1月 ソフトウェア開発業務を開始
1985年  4月 資本金を1000万円に増資
本社を大阪市中央区天満橋に拡大・移転
1986年  7月 特定労働派遣事業の許可を取得
1989年  8月 資本金を2000万円に増資
本社を大阪市天王寺区上本町に拡大・移転
1994年  1月 マッキントッシュ正規代理店(機器販売)
1997年  1月 当社ホームページの開設
1999年  8月 東京オフィスを東京都品川区北品川に設立
2004年  4月 Pマークの取得
コンプライアンスプログラムの導入開始
2010年  6月 イメージ入力に対応し遠隔地入力を実施
2011年  1月 本社を大阪市天王寺区上汐に移転
2011年  4月 大量のデータを取り扱うスキャニング業務を開始
2012年  2月 東京オフィスを東京都中央区京橋に移転
2013年  1月 東京オフィスを株式会社IFTECとして分社化推進中
2014年 11月 名古屋オフィスを愛知県名古屋市中村区に設立
2015年 10月 東京オフィスを東京都中央区銀座に移転
2017年  4月 労働者派遣事業許可を取得 (派27-302501)

組織図

大阪本社

〒543-0002 
大阪府大阪市天王寺区上汐3-5-11
Tel 06-6771-2011 Fax 06-6771-3369

東京オフィス

〒104-0061 
東京都中央区銀座1‐19‐12 銀座グラスゲート9階 
Tel 03-6264-4211 Fax 03-6264-4213

名古屋オフィス

〒450-0002 
愛知県名古屋市中村区名駅4-24-5 第二森ビル 5階 
Tel 052-583-5051 Fax 052-414-5661

Company Profile -会社案内

デジタル会社案内