大阪・東京・名古屋のデータ入力、システム開発、運用ならインターフェイス

株式会社インターフェイス

プライバシーポリシー

高度情報化時代における情報の持つ価値は重要で、漏えい、滅失又は、き損における危険性は個人の権利や利益を侵害される極めて重要な問題であります。当社は、データ入力、システム開発及びそれらに伴う人材派遣業務、他を請け負う情報処理会社として、このような社会的責任に対して適切に責務する上で個人情報・特定個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守し、顧客の信頼を得るとともに、個人情報・特定個人情報の取り扱いに対し保護するとともにその責務を果たします。

また、これを実践すべく「個人情報・特定個人情報保護方針」を定め、役員並びに従業員は社会的責任を認識し、この方針に従い改善、維持に努めます。

  1. 当社は個人情報・特定個人情報保護のため、JIS Q 15001に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを策定し、役員並びに全従業員はこれを実施、維持、改善してまいります。

  2.  

  3. 当社は個人情報・特定個人情報の取得、利用及び提供について規定を定め、細心の注意のもと適正な保護と管理を行います。

    当社における個人情報・特定個人情報の利用目的は以下の通りです。

    ア) 従業員の雇用(得意先への紹介を含む)及び人事、労務管理の為に利用いたします。

    イ) データ入力依頼など、委託された個人情報・特定個人情報に付きましては、業務委託契約書に基づき処理する為に利用いたします。

    ウ) 特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報・特定個人情報の取扱いは行いません。

  4.  

  5. 当社は個人情報・特定個人情報の漏えい、滅失又は、き損等の防止及び是正を行いセキュリティの向上に努めます。

  6.  

  7. 当社は個人情報・特定個人情報保護に関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守するとともに、社会通念等とも照らし合わせ、適切に対処いたします。

  8.  

  9. 当社は個人情報保護マネジメントシステムを運営する中で社会情勢、経営変化等に対応すべく、個人情報・特定個人情報の運営、保護、維持に対して、定期的に監査するとともに、継続的に改善に努めます。

  10.  

  11. 当社は、本方針を全従業員に配布し、周知徹底をするとともに、定期的に教育を行い、個人情報・特定個人情報保護意識の高揚に努めます。

  12.  

  13. 苦情または相談に関しては、下記の「苦情、相談連絡先」までお問い合わせ下さい。

 

平成 15 年 3 月 31 日 制定
平成 27 年 2 月 10 日 改訂
株式会社 インターフェイス
代表取締役社長 林  満

  1. 委託された個人情報

    ・業務委託契約書に基づき処理を行います。

    ・不要になった個人情報は削除いたします。

  2.  

  3. 個人情報の保管

    ・収集した個人情報は弊社内で安全に保管いたします。

    ・不要になった個人情報は合理的な期間で削除いたします。


  4. 個人情報の開示、訂正、開示、修正等のお問い合わせがある場合は、下記連絡先へご連絡下さい。

    ・部署 :総務課

    ・TEL:06-6771-2011(代)

     

    ** 苦情、相談連絡先 **

    ** 担当:個人情報保護総括管理者・特定個人情報取扱責任者 **

    ・柴田 博和

    ・TEL:06-6771-2011(代)

当社における開示対象個人情報は、従業員・退職者・応募者から提供された個人情報(履歴書・職務経歴書等)になります。

  1. 各開示対象個人情報の利用目的

    ・従業員個人情報 ・・・ 給与処理、会社からの社報等の送付等

    ・退職者個人情報 ・・・ 退職後の給与明細及び源泉の送付等

    ・応募者個人情報 ・・・ 選考の指標及び採否の際の連絡方法

  2.  

  3. 当社が所属する認定個人情報保護団体について

    当社は、下記の認定個人情報保護団体の対象事業者です。当社の個人情報の取り扱いに関する苦情については、下記へお申し出いただくこともできます。

    ・認定個人情報保護団体の名称

     財団法人 日本情報処理開発協会 (JIPDEC)

    ・苦情解決の連絡先

     プライバシーマーク推進センター 個人情報保護苦情相談室

     〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館

  4.  

  5. 当社のお問い合せ窓口

    当社の個人情報の取り扱いに関するお問い合せは苦情、相談窓口までお寄せください。

  6.  

  7. 個人情報の開示等のご請求について

    ご本人様からご自身に関する情報について開示等のお申し出があった場合は、請求者がご本人であることを確認させていただいたうえで速やかに対応します。

     

    (1)ご請求方法

     開示対象個人情報に関する開示等のご請求は、当社所定の申請書に必要事項をご記入いただき、ご本人確認用の必要書類を添付のうえ、下記宛にご郵送ください。

     【ご請求先】

     〒543-0002

     大阪府大阪市天王寺区上汐3-5-11

     株式会社インターフェイス 個人情報保護総括管理者 宛

     

    (2)ご提出いただく書類

     開示対象個人情報に関する開示等のご請求は、当社所定の申請書に必要事項をご記入いただき、ご本人確認用の必要書類を添付のうえ、下記宛にご郵送ください。

     【ご本人が開示等のご請求を行う場合】

     下記申請書(a)をダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえ、本人確認書類(b)を同封し、上記宛にご郵送ください。

     (a) 申請書

      開示対象個人情報への開示等依頼書 [26KB]

     (b) 本人確認書類(下記のうちいずれか1点のコピー)

      ・運転免許証(本籍が記載されている場合は、黒のマジック等で塗りつぶしてください)

      ・健康保険の被保険者証

      ・パスポート

     

     【代理人によるご請求の場合】

     上記申請書(a)と本人確認書類(b)に加え、下記の書類(c, d)をご同封ください。

     (c) 代理人本人を確認するための書類(下記のうちいずれか1点のコピー)

      ・運転免許証(本籍が記載されている場合は、黒のマジック等で塗りつぶしてください)

      ・健康保険の被保険者証

      ・パスポート

     (b) 委任状

      ・委任者本人の署名・捺印のあるもの

      ・健康保険の被保険者証

     

    (3)当社からの回答方法

     上記申請書(a)「開示対象個人情報への開示等依頼書」に記載された住所宛に書面にてご回答いたします。


    (4)開示等のご請求に関して取得した個人情報の利用目的

     開示等のご請求に伴い取得した個人情報は、開示等の作業に必要な範囲に限定して取り扱います。

     

    (5)開示等のご請求に応じられない場合について

     次に定める場合は、開示等のご請求に応じることができない場合がございますので、あらかじめご了承ください。なお、その場合は、その旨、理由を付記してご通知いたします。

     ・本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合

     ・当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合

     ・他の法令等に違反することとなる場合

     ・開示対象個人情報に該当しない場合(取引先企業から委託された個人情報等)

     ・ご本人からの請求であることが確認できない場合

Privacy policy -プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

Company Profile -会社案内

デジタル会社案内